5連メーターパネル

追加メーターを車内に設置する際、最も困るのがその取付場所だと思います。

オーディオスペースにメーターを取り付けるのは車内をスッキリさせる良い方法ですが、

110系(MC後)の場合、上部・下部と元々オーディオスペースが3DIN分付いており、

上部を純正カーナビ用の2DIN部品に交換すれば4DIN分のスペースが生まれます。

追加メーターを付けて下さいと言わんばかりのこの場所に5連メーターパネルを設置しました。

今回のメインは純正カーナビ用2DINボックスで、

 品番と値段は以下の通りです。

 品名:インストルメントクラスタ フィニッシュパネルCTR

 品番:55405-1A050-B2(内装色:シャドーグレー)

 (内装色チャコールの場合は55405-1A050-B3)

 価格:\3,420

 実際にメーターを載せるパネルですが、

 私は加工が楽なアクリル板をチョイスしました。

 アルミ板を使うとレーシーなイメージになるでしょう。

以下は今回私が実際にメーターを付ける際に考えたパネルの穴開け案です。

買ってきたアクリル板を190×110に切ってからスタートします。

注)これはあくまでも参考で、組み合わせるメーターによっては多少寸法が前後します。

CADで図を書いていて気付きましたが、

ここにφ52のメーターを綺麗に収めるには

樹脂製の枠を若干削る必要があります。

カッターナイフや棒ヤスリ等を使って、

メーター外枠が干渉しないように削ります。

試行錯誤の結果、完成です!

本来ボルト2本で固定するようになってますが、

ボルトを使わなくても全く問題はないです。

(ていうか、ボルトで固定出来ません)

現在は空きスペースにVVT作動ランプを付けました。

 

 

戻る

 

 

inserted by FC2 system